<銀座> 美容外科美容整形比較サイト > 美容整形 Q&A

美容整形Q&A

洗練された街「銀座」で、モデルのような気品あふれる女性になるために。美容整形の気になる悩みを解決しよう

華やかで上品な人が集まる銀座。洗練された街は美しさがあります。それは人も同じで、整ったボディは多くの人々を魅了します。あなたもこのページを読み、みんなが気になっている美容整形の悩みを解決し、新たな一歩を踏み出しましょう。

ほくろは一度にどのくらい取れますか?

ほくろには様々な種類があります。ほくろが出来る場所も人それぞれ。ですから、1度の美容整形で取ることが出来る量は人によって違います。とても小さなほくろの場合は、多くて200個近く取ることが出来ます。顔に出来るほくろの場合は、最大で5個程度を1度に取り除くことが出来ます。しかし、ほくろの大きさや場所によっても異なる可能性があるため、正確に知りたい場合は、美容外科でカウンセリングを行ってもらうと良いです。

妊娠中なのですが、レーザー脱毛はできますか?

ほとんどの美容外科は、妊娠中はレーザー脱毛を受け付けてくれません。その理由は、レーザーの影響により、お腹の中にいる赤ちゃんに負担がかかってしまう可能性があるからです。例えば、脱毛時に感じる痛みにより、陣痛が起きてしまう可能性があります。さらに、痛みがストレスになり、赤ちゃんにまで影響を与えてしまうこともあるのです。このように万が一のことを考え、レーザー脱毛だけではなく、他の脱毛も妊娠中は避け、安静にしておくべきです。

傷痕は目立ちますか?

治療の内容によりますが、最近の美容整形はほとんど跡が残りません。美容整形の種類も昔と比較して多くなり、メスを使わない治療もあります。例えば、二重まぶたになりたい場合、埋没法と呼ばれる美容整形があります。これは、とても細い糸でまぶたを止める治療です。位置も自由に指定して、憧れの二重に生まれ変わることが出来ます。傷跡が残らないだけではなく、腫れもほとんどないので、すぐに普段通りの生活を送れます。

二重まぶたにしたいのですが、コンタクトを使い続けつことはできますか?

美容整形で二重まぶたを作るには、「埋没法」と「切開法」が有名です。どちらの美容整形を受けた場合でもコンタクトを使い続けることは出来ますが、治療後は注意する必要があります。切開法の場合、目を触ることで雑菌が目の中で繁殖してしまい、トラブルに繋がる可能性があります。治療から1週間あけて利用すると良いでしょう。埋没法の場合も、治療後すぐに使用するのではなく、2日程度は使用を控える必要があります。

脂肪吸引を考えているのですが、リバウンドはありませんか?

医師の腕によりますが、人によってリバウンドすることもあります。脂肪吸引は脂肪細胞自体を取り除く美容整形ですが、取り残しが多かった場合、暴飲暴食などが原因で脂肪細胞が大きくなることがあります。そのため、リバウンドしてしまうのです。しかし、食事制限などのダイエットと比較すると、細胞の数を減らしているので、リバウンドする確率は低いです。脂肪吸引のスペシャリストが多く在籍している美容外科なら、安心して治療を受られます。

ほうれい線が気になります。手術以外で方法ありませんか?

ほうれい線を目立たなくするには、ヒアルロン酸を注入する美容整形が人気です。料金も安く、短時間の治療なのでお手軽です。ヒアルロン酸の効果が持続するのは、半年程度です。ほうれい線の目立たない、若々しい肌をキープするには定期的に美容外科に通いましょう。ヒアルロン酸は直接ほうれい線に注入します。痛みは我慢出来ない程ではなく、さらに痛みに弱いという人は塗るタイプの麻酔を利用することが出来るので安心です。